どこが安い?天然石卸サイトBEST6

TOP > 天然石の卸情報 > 不安を和らげる為のパワーストーン天然石選び

不安を和らげる為のパワーストーン天然石選び

健康や精神的な部分で不安を抱く人は少なくありません。
不安を和らげる為にパワーストーンを使う人もたくさんいますが、天然石の中でも具体的な作用として健康や精神的や安らぎを与えてくれるものはたくさんあるので、調べて活用してください。一番作用が期待できるとい割れているのは、6月の誕生石の1つとして有名なムーンストーンです。人間の気持ちに寄り添ってくれる石で、不安や恐怖を抱いていることを和らげる働きをもたらし、情緒不安定や恐怖から開放してくれるといわれています。
不安を感じる時に積極的に持っていると、安らげるでしょう。また、5月の誕生石であるエメラルドや翡翠も、精神作用を期待できる石といわれています。
エメラルドはネガティブな気分を吹き飛ばし、うつ病に作用できる期待が、翡翠は精神的な力を強め、ストレスや不安を吹き飛ばす作用が期待できるといわれる石です。

水晶は人間の心を浄化する石といわれ、悪い気配を沈め、よい気を体内にめぐらせてくれる作用が期待されています。
感情が乱れた時には持っているとよいでしょう。また、水晶は人間を浄化させるだけでなく、他のパワーストーンをも浄化する作用があるといわれ、水晶による定期的な浄化を行うことで、石の能力を回復作用があるといわれています。実際に微細な水晶を砂のようにした浄化グッズが存在しています。
人間を浄化させて疲れた石は月光や塩で浄化させると、再び浄化作用が回復するでしょう。
水晶関係では他にも、スモーキークォーツや、ルチルクォーツ・ローズクォーツ・シトリントパーズも不安や恐怖を跳ね除ける為の作用が期待できるといわれています。

誕生石では5・6月のほかに2月のアメジストも水晶の仲間であり、精神的なストレスから発祥している病状回復に作用するといわれています。
特に不安を解消し、冷静に判断できる作用があるとして、ネックレスを身につけている火とも少なくありません。マイナスの思考から開放し、心身のバランスを整える珊瑚は3月の誕生石ですが、正確には石ではなく宝石の中でも生物に近い存在です。10月の誕生石であるトルマリンの中でも、青や緑、黒といったカラーは浄化作用が強くなっています。12月の誕生石であるトルコ石は、感情をコントロールし、冷静に状況をチェックして判断する力があると歴史上、信じられてきました。
同じ12月の誕生石、ラピスラズリも精神的にネガティブなことを吉運に変化させ手くれるといわれています。
11月のトパーズは、ネガティブな感情を沈め、精神を安定させてくれる作用への期待が高いです。

次の記事へ